HOME>レビュー>空き家を管理するワケ【物件所有者がすべきコト】

空き家を管理するワケ【物件所有者がすべきコト】

売地

空き家の管理に困っているのであれば、不動産会社の管理サービスを活用しましょう。管理を委託することで様々なメリットを感じることができます。今回は依頼者の声をまとめました。

みんなの声

建物の傷みを抑えられるのが嬉しい[50代|女性]

関西の都市圏で生活している50代の女性です。地方から出てきて、関西で働き、結婚をし、関西で生活しています。実家の父が亡くなったのをきっかけに、母も老人ホームに入ることになりました。その場合、解決しなければならないのが実家の問題です。母がいなくなると空き家になってしまいますので、建物の傷みもでてきます。そうかといって売却や賃貸をするにしても、税金の問題も出てきますので、すぐには結論がでません。空き家の管理をしなければ資産価値を減じてしまうので、管理を委託することにしました。探してみると全国チェーンの大手不動産が既に空き家の管理ビジネスに乗り出していました。最終的にはリフォームして賃貸物件として運用することになりましたが、その間適切に管理してもらいましたので、リフォームの費用を抑えることができました。

トラブルを防げるらしいので安心して任せられます[50代|男性]

都心で働く50代のサラリーマンです。都内でマイホームを構え、生活の本拠は完全に都内です。そんな中、田舎の実家で暮らしていた両親が相次いで亡くなりました。遺産相続の問題が浮上してきましたが、一人いる兄も同じ都市圏にいますので、田舎の土地を相続することはありません。兄と一緒に考えたのは、売却です。空き家を運用するメリットもありませんし、維持管理にも費用がかかります。しかし、売却するにしても、相続した不動産には税金がかかります。田舎であるため運用も難しいので、しばらく維持管理をするため、不動産会社に委託しました。空き家にしておくと傷みも進みますし、空き巣なども考えられます。委託すると、適切に維持してくれますし、定期的に見に来てくれます。空き家を良好な状態に保つために大きく役立ちました。